車

中古車を買取に出す際にキズはどうする

中古車を買取に出すにあたり、「なるべく見た目をキレイにしておくと査定額がアップする」という情報があります。もしそうならば、車体にあるキズは直した方が良いのではと思う人もいるでしょう。
車を運転していれば、走行中に何かしらのキズやちょっとした凹みがついてしまうのは仕方ありません。普段から車の手入れが好きな人はすぐに修理するものですが、小さなキズならば「まいっか」と思ってそのままにしている人も多いものです。小さなキズでも直した方がわずかでもマイナス査定を減らすことはできますが、逆に修理費の方が高くつく可能性があります。
車の修理費は車種や部位により大きく変わります。小さなキズや凹みでも塗装によっては10万円以上することもあるのです。キズを直してアップする査定額の幅と、修理費とをよく比較した方が良いでしょう。
小さなキズや凹みがある場合には、まずは買取業者に査定を依頼してみることがおすすめです。 買取り業者はキズや凹みよりも、その車にどこまで価値があるのかをプロの目で審査します。買取業者は大抵提携している整備会社があるので、小さなキズならば簡単に直せるルートを持っているのです。
キズや凹みに関してはあまり神経質にならず、一度査定に出してみて決めても良いでしょう。その際には内装をキレイにするなどして、大切に乗っていたことをアピールしましょう。

Recent Information

2016年12月01日
中古車を買取に出す際にキズはどうするを更新しました。
2016年12月01日
車の傷は中古車買取に響く?を更新しました。
2016年12月01日
中古車買取の売却額と走行距離との関係を更新しました。
2016年12月01日
中古車買取価格を一番大きく左右する年式を更新しました。
TOP