車

中古車買取の売却額と走行距離との関係

走行距離は、車の価値を大きく左右する事は間違いありません。使い込まれているかどうかが、ポイントになるのです。そもそも中古車買取店としては、車の使用感を基準に価格を算出する傾向があります。使い込まれた車の場合は、総じて価格も低くなる事が多いのです。どちらかと言うと、やや新品に近い車の方が高く評価されます。
それで走行距離が長い車は、もちろん使い込まれている事は明らかです。乗り潰した車などは、かなり使用感があるでしょう。
一般的には、10万キロが重要数字になるでしょう。10万を超えてしまいますと、売却価格は大きく落ちる傾向があります。少しでも車を高く売りたい時は、余り走行距離が大きくない内に売却手続きを行うと良いでしょう。そろそろ10万キロが近い9万キロ台の車などは、売却タイミングとしては悪くありません。ただし、あまり走っていない車も問題です。中には走行距離が1,000キロにも満たない車があります。そこまで距離が短いと、逆に売却額が低くなってしまう場合があります。あまり稼働していない車は、エンジンに関するトラブルも懸念されるからです。
したがって、いずれ中古車を売却する事を考えているなら、たまに乗ってあげる事も大切です。

Recent Information

2016年12月01日
中古車を買取に出す際にキズはどうするを更新しました。
2016年12月01日
車の傷は中古車買取に響く?を更新しました。
2016年12月01日
中古車買取の売却額と走行距離との関係を更新しました。
2016年12月01日
中古車買取価格を一番大きく左右する年式を更新しました。
TOP