車

車の傷は中古車買取に響く?

長年乗ってきた車であれば多かれ少なかれ傷のひとつやふたつはついているもの。ただ、中古車として買取をしてもらおうと思った場合「傷があると査定額が低くなるか心配」と思っている人も多いでしょう。結論から言うと、もちろん傷があるよりはないほうが査定額は高くなります。しかし、この傷だけで何十万円も査定額が変わることはそんなにないということについてご紹介していきたいと思います。中古車の査定マンはいわば何百台と中古車を見てきたプロです。
査定に関して叶うことはありませんし、素人が傷を自分で修復したところで簡単に気づかれてしまいます。知っておいてほしいことは、傷があってもなくても、買い取った車はある程度の補修がされるということです。そのため、傷のあるなしよりもその車の年数や状態をより重視して見るということを意識しておきましょう。さらに、その当時の人気者になると査定額も高くなることが期待できます。
「傷があるから中古車を査定に出せない…」なんて悩む必要はあまりないということです。ただし、国産車でなく外車になった場合、塗装に大きな費用がかかることもあります。あまりに大きな傷が入っている場合、査定額に大きな影響が出ることもありますので、外車を査定される予定の方はご注意下さい。

Recent Information

2016年12月01日
中古車を買取に出す際にキズはどうするを更新しました。
2016年12月01日
車の傷は中古車買取に響く?を更新しました。
2016年12月01日
中古車買取の売却額と走行距離との関係を更新しました。
2016年12月01日
中古車買取価格を一番大きく左右する年式を更新しました。
TOP